コーヒー好きなら知っておきたい、サードウェーブコーヒーとは何か?

コーヒー好きなら知っておきたい、サードウェーブコーヒーとは何か?


最近、よく耳にする「サードウェーブコーヒー」。
一見するとコーヒーの種類なのか、特別な飲み方のことなのか、名前だけ聞くとよくわかりませんよね。

今回はそんなサードウェーブコーヒーについてお伝えします。

「サードウェーブ」とは「第3の波=流行」のこと!

heart-1003324_960_720

サードウェーブとは、直訳すると「第3の波」。つまりコーヒー文化における第3次コーヒーブームのことを指します。

ということは第1と第2の波もあったわけですが、ではそれらはどういうものだったのでしょうか。サードウェーブを知る前に見てみましょう。

ファーストウェーブとセカンドウェーブ

coffee-1281842_960_720
ファーストウェーブ(第1の波)はインスタントコーヒーの誕生により、19世紀後半から1960年代のアメリカの一般家庭にコーヒーが広まったことを指します。ただしこの時代のコーヒーは風味が弱く苦いだけといった弱点もありました。

一方、1980年代に広まったセカンドウェーブ(第2の波)は日本でもおなじみのスターバックスなどコーヒー専門店が主流となって、シアトル系と呼ばれる深煎りのコーヒーを全米に広めたものです。

おいしいコーヒーを楽しむなら店で飲んで、いつでもどこでも楽しむなら家で飲むというように、ファーストウェーブの弱点を補うかたちとして誕生しました。
カフェラテやエスプレッソといったアレンジの効く飲み方が広まったのもこのときと言われています。

サードウェーブコーヒーとは、特別なコーヒーを身近に楽しむこと!

コーヒーショップ-1081713_960_720
1990年代から始まったとされるサードウェーブコーヒーの特徴は、コーヒー豆を生産地や処理方法からこだわり1種類の豆の木から収穫するという「シングルオリジン」を使用している点です。

焙煎方法はセカンドウェーブとは異なり豆本来の風味を生かす浅煎りが主流で、淹れ方も豆の特徴を生かして1杯ずつハンドドリップで淹れる丁寧な方法をとっています。

日本でもニューヨークのブルックリン発祥の「ゴリラコーヒー」やパリの「クチューム」など、海外で有名なサードウェーブコーヒーを楽しめる店が続々と増えてきています。

新しいのに「おなじみ」? サードウェーブコーヒーはすでに浸透していた!

coffee-1285963_960_720
サードウェーブコーヒーを楽しめるのは有名店が並ぶ東京だけではありません。
意外にも身近なところでサードウェーブコーヒーを味わうことができます。

それは昔ながらの喫茶店やコンビニです。

喫茶店のマスターといえば、コーヒーをハンドドリップで1杯ずつ入れているイメージですよね。
とくにコーヒーがおいしいと評判のお店であれば淹れ方はもちろん、豆にもこだわっているところが多いのではないでしょうか。
有名チェーン店のコーヒーもいいですが、昔ながらの喫茶店でマスターおすすめの1杯を味わうのもサードウェーブコーヒーを楽しむことになります。

一方、最近ではいろいろなコンビニが淹れたてのコーヒーに力を入れています。

その味わいは有名カフェにひけを取らないほどです。
たとえばローソンのMACHI café(マチカフェ)はコーヒーの淹れ方を教わった店員さんが、挽きたて・淹れたてのコーヒーを提供してくれるサービスがあります。

いかがでしょうか。
このようにすでに浸透しているサードウェーブコーヒー、有名店だけでなく老舗のカフェやコンビニを回って、ぜひ自分のおすすめの1杯を見つけてみてください。

広告 広告