コーヒーの匂いが好きな猫にコーヒーを飲ませても大丈夫か

コーヒーの匂いが好きな猫にコーヒーを飲ませても大丈夫か


コーヒーでほっと一息ついていると香りに誘われてやってくるかわいい愛猫。そんなコーヒーの香りが好きな猫は意外に多いようです。

でも猫にコーヒーをあげても大丈夫なのでしょうか。

たとえ猫がコーヒーが好きでも害がないのか心配ですよね。

そこでコーヒーは猫にとって害はないのか、調べてみました。

コーヒーは猫にとって害がある

coffee-386878_1280
結論から言いますとコーヒーに含まれるカフェインは猫にとって害になります。

カフェインは猫に中毒症状をもたらします。

かわいい愛猫にねだられたからといってコーヒーをあげてしまうと中毒症状を起こし、最悪の場合は死に至ります。

そうならないためにも大切な猫にコーヒーを飲ませないようにしましょう。

どんな症状になるのか

cat-1045094_1280

カフェインを摂取すると嘔吐や下痢、興奮に動悸、多尿、けいれんという中毒症状が出てきます。

摂取しすぎると昏睡状態になり、最悪の場合だと急性心不全で死に至ります。

また、チョコレートを猫に食べさせるとこの症状に似た中毒症状を起こします。

チョコレートに含まれるテオブロミンとカフェインの構造が似ているためです。

猫がコーヒーを飲んでしまった!

cat-959791_1280
猫がコーヒーを飲まないよう気をつけることが第一ですが、もし猫がコーヒーを飲んでしまったらどうすればいいのでしょうか。

いつ、どのくらいコーヒーを飲んだか把握し、そして獣医さんの元へ行きましょう。

把握しておくことで、治療がスムーズに行われます。

間違っても自分だけで判断せずに、必ず動物病院で診断を受けましょう。

猫にとってのカフェイン致死量

cat-1046343_1280
猫1kgあたり危険なカフェインの量は80mgから150mgといわれています。

コーヒー1杯(150ml)のカフェインの量は約100mgです。

成猫は3kgから5kg、小さい猫なら2kgから3kgが平均体重です。

これを考えると小さい猫ならコーヒー2杯分で致死量になります。

これらは致死量ですが、中毒症状を起こすカフェインの量はこれより少ないので、誤って飲んでしまったけど少ないから大丈夫、なんて思わずに獣医さんに診断してもらいましょう。

猫が飲んでしまう状況を作らない

cat-862918_1280
カップに入ったコーヒーを放置したり、トイレや用事などでコーヒーを置いて席を立つなど数分でも目を離す状況を作らないことが大事です。

猫はコーヒーが自分に害があり危険だということは分かりません。

飼い主である私たちが気をつけることで、猫が誤ってコーヒーを飲んでしまわないように防ぐことが必要です。

広告 広告