コーヒー好きなら一式セットで揃えたい、コーヒー用具一覧

コーヒー好きなら一式セットで揃えたい、コーヒー用具一覧


自分の手でおいしいコーヒーを入れてみたい!

今回はそんなコーヒー好きの方に必要な、コーヒー用具をご紹介します。

コーヒーを淹れるために必要な用具5つ

自宅で本格的なハンドドリップコーヒーを淹れるのに必要な用具です。

勿論、すべて揃えなくても大丈夫です。

コーヒーミル

coffee-1300181_640

コーヒー豆を細挽きから荒挽きに挽くときに使います。

ハンドルを回す手動タイプのものや小型ミキサーのような電動のタイプがあります。

手動タイプのミルには、セラミックやステンレスといった近代的なデザインのものから、昔ながらの雰囲気があるコーヒー粉の受け皿が木でできたタイプがあります。

木でできたタイプはハンドル部分のねじを調節して豆の挽き具合を調節します。

丸洗いができないので豆を挽いたあとは筆でコーヒーの粉を落とさなければなりませんが、そのまま置いておいてもインテリアになるほどおしゃれなので人気が高いです。

一方で電動タイプのミルは、ハンディタイプの小型と大型があり運転させる時間によって挽いた豆のタイプが変わります。ただハンディタイプのものは上下に振って豆を回転させないと挽きムラができてしまうのが欠点です。

しかし部品を一つずつ外して丸洗いできるので衛生的な面もあります。

ドリッパー

coffee-91_640

コーヒーを抽出するための道具です。

陶器、ステンレスなどの金属、プラスチック、ガラスなど材質はさまざまですが、金属や陶器は熱伝導が良いのでコーヒーがおいしく淹れられるといわれています。

かたちは台形型と円錐型があり、抽出するときの穴も3つと1つのものがあります。

3つ穴タイプは1度にお湯を注ぐため、抽出時間が短くコーヒーの雑味が出る前に抽出し終えることができるので、酸味の強い浅煎りの豆にぴったりです。

一方、1つ穴タイプはお湯が一定に落ちるため、飲む人の好みで濃さや風味を調節することができます。

フィルター

coffee-_640

フィルターとはドリッパーにセットして使う、コーヒー粉と抽出したコーヒーを分ける道具です。

1回1回使い捨てのペーパータイプと洗って何度でも使用できる布でできたネルタイプがありますが、初心者であれば後片付けしやすいペーパータイプがおすすめです。

ドリッパーの形に合わせて台形型と円錐形があるのでそれぞれのタイプに合わせて使いましょう。

細口ケトル

fire-715546_640

おいしいドリップコーヒーを作るコツは、うまく抽出できるかどうかです。

そのためにはお湯をコーヒー粉にまんべんなく注ぐ必要があるわけですが、このときに注意しなければならないのがフィルターにお湯がかからないようにすることです。

フィルターにお湯がかかってしまうと、コーヒー粉を通らずにそのままカップに落ちてしまうためコーヒーが薄くなってしまいます。

普通のやかんやケトルでは出てくるお湯が太かったり勢いが良すぎたりしてフィルターにかかってしまう確率が高いのですが、細口ケトルだと出てくるお湯が細いのでその心配がありません。

よって、ここはコーヒー用の細口ケトルがおすすめします。

コーヒーサーバー

coffee-869203_640

1杯のコーヒーであればそのままカップに注いでもいいですが、複数杯のコーヒーを抽出したいときはコーヒーサーバーに注ぐといいでしょう。

抽出したコーヒーを保存しておく場合にも使えますし、直火対応ができる耐熱性のコーヒーサーバーであれば温め直したり、濃いコーヒーを入れたあとに氷と水を入れるとアイスコーヒーにもなります。

ハンドドリップでコーヒーを味わう

今回はハンドドリップに必要な5つを紹介しましたが、自分で淹れるコーヒーは格別なものがあります。

ぜひコーヒー豆にもこだわって、有意義なコーヒータイムを過ごしてください。

広告 広告