カフェインが切れると眠くなったり疲れるからコーヒーが嫌い

カフェインが切れると眠くなったり疲れるからコーヒーが嫌い


コーヒーが苦手な方に向けたコメントをしています。

今回は、カフェイン切れが不安という男性からのコメントです。

コーヒーが嫌いな理由

カフェインが切れると疲れる

コーヒーは嫌いというわけではないですが、苦手ですね。
冷たいブラックコーヒーに関しては、嫌いです。とても飲めません。砂糖がたくさん入ったコーヒーなら飲めるのですが、好きでもないですね。

なぜコーヒーが苦手かというと、頭がさっぱりしすぎるところですか。頭がさっぱりするだけでなく、体もなんだか活動的になるんですが、身体能力が向上しているわけでもないので、調子にのってはしゃぎすぎたりすると、カフェインの効果が切れたときに疲れがどっとやってくるんです。

次の日にまで疲れが残っていることもよくあります。それでも仕事で眠気を覚ますときにコーヒーを飲むことはあるんですが、やっぱり好きにはなれそうにないですね。もっと年をとったらおいしいと感じるようになるのでしょうか。

(20代男性 フリーター)

回答

カフェインが眠気覚ましになるということで飲まれるコーヒー。

コーヒーに含まれるカフェイン量

コーヒーに含まれるカフェインの量は、レギュラーコーヒーで100mlあたり約40mg程度です。

エスプレッソだと、だいたいその4~5倍程度の200mg/100mlです。普通のコーヒーと同じ量をガブガブ飲むわけではないので、一杯でここまで摂取するという訳ではありません。

untitled-infographic

広告 広告