好き嫌いがハッキリ分かれるコーヒーの飲み方

好き嫌いがハッキリ分かれるコーヒーの飲み方


コーヒーには様々な種類があります。豆の種類や焙煎の仕方、淹れ方によって味が変わるのでそれによって好き嫌いが分かれることでしょう。

そんな好き嫌いがはっきりと分かれるコーヒーの飲み方を調べてみました。

ブラックコーヒー

砂糖なし、ミルクなしのブラックコーヒーは苦くて飲めない!そんな人がたくさんいますが、ブラックしか飲めない!という人もたくさんいます。

甘いのが苦手だからという方もいますが、ブラックコーヒーの砂糖ではないほのかな甘みを感じられるのが好きだという方もいます。

砂糖もミルクも入れないので味の善し悪しが感じやすく、おいしいコーヒーに出会うとずっと忘れられないそうです。

アメリカンコーヒー

アメリカンコーヒーは味が薄いと有名ですよね。

アメリカンコーヒーは浅煎り、もしくは中浅煎りで淹れたコーヒーとなります。

苦みが少ないので苦いのが嫌いな人にも飲めるかもしれません。

苦みは少ないですがコーヒーの酸味が強いのでその酸味が苦手な人や、コーヒーの苦みが大好きな人はアメリカンコーヒーは嫌いな傾向があるようです。

カフェラテ

カフェラテはミルクが入っているので、ミルクが苦手な人は嫌いかもしれません。

また、カフェラテは好き嫌いというよりも、性別が関係してきます。

女性なら普通に注文できますが、男性だと注文のハードルが高いと思われる事もあるようです。

パフェやあんみつを人前で食べるのはすこし恥ずかしい、と思うのに似ているのかもしれません。

エスプレッソ

濃くて苦いというイメージのあるエスプレッソ。人を選ぶコーヒーだと思います。

実際苦いので苦いのが特に嫌いな人はエスプレッソはちょっと・・・と思うかもしれません。

しかしこのエスプレッソは本来砂糖をたっぷり入れて楽しむ飲み物なのだそうです。

本来の飲み方でいうなら、苦いのが嫌いな人ではなく、甘いのが嫌いな人には向かない飲み物です。

インスタントコーヒー

入手しやすく、手軽に飲めるインスタントコーヒーですがコーヒーにこだわりのある人はインスタントコーヒーなんてありえない、と思っている人がほとんどのはず。

インスタントで本格的に淹れたコーヒーと同じ香り、同じ味を目指すのは難しいです。

しかし、こだわりがなくコーヒーが好き、という人にはありがたい存在です。

インスタントでもフリーズドライ製法かスプレードライ製法、淹れ方によってもおいしさが変わります。

広告 広告