コーヒーが苦手な人がコーヒー好きになる4つのおいしい飲み方

コーヒーが苦手な人がコーヒー好きになる4つのおいしい飲み方


身近な飲み物で人気のあるコーヒー。しかし苦手な人は当然います。仕事先ですすめられて断りづらいなど、支障というほどではありませんが悩みも出てきます。

コーヒーを克服できる方法があるのならやってみたいという方も多いのではないでしょうか。

おいしそうにコーヒーを飲んでいる人を見るとうらやましいですよね。

そこでコーヒーが苦手な人がコーヒー好きになるおいしい飲み方を探してきました。

コーヒー嫌いを克服する4つの方法

(1)砂糖多めで徐々にならしていく

coffee-563797_1280
コーヒーの苦みが苦手な人は最初にミルクや砂糖を多めに入れて、徐々にその量を少なくしていく方法です。

多少時間がかかりますが、この方法は効果があります。また、おいしい豆を使ったコーヒーでならすのもポイントです。

(2)スイーツと一緒にコーヒーを飲む

cream-puffs-427181_1280
甘ーいスイーツを最初に食べて、まだ甘さが口の中に残っているうちにコーヒーを飲みます。

スイーツの甘さとコーヒーの苦さが中和されます。

また、焙煎の仕方でコーヒーに合うスイーツも変わってきます。

浅煎りなら酸味が強い傾向があるのでフルーツケーキなどのフルーツ系のスイーツ。

中浅煎りなら浅煎りよりも酸味が弱いのでスイーツの酸味に負けないようにスフレチーズケーキなどの酸味が控えめのスイーツ。

中深煎りなら強すぎないコクと苦みが味わえるのでクリーム系のスイーツと相性がいいです。

深煎りは強いコクと苦みが特徴なのでキャラメルソースをかけた甘いハワイアンパンケーキなどと相性がバッチリです。

相性のいいスイーツと一緒にコーヒーを飲めば克服できるかもしれませんよ!

(3)おいしいと評判の店やコーヒー専門店に行ってみる

coffee-shop-1081713_1280
コーヒーが苦手なのにカフェや喫茶店、コーヒー専門店に行くのは敷居が高いように思いますが、苦手だからこそおいしいコーヒーを飲むことをおすすめします。

おいしい豆を使い、本格的に淹れたコーヒーを飲んだことによってコーヒー嫌いからコーヒー好きに変わった、なんていう方もいます。

味に慣れるにしても、おいしくないよりおいしい方がいいに決まっているので、通ってみてはいかがでしょう。

また、コーヒーの味には酸味に苦みと種類がありますが、どちらが好み、もしくはどちらが苦手か把握することによって、自分に合ったコーヒー豆を選ぶことができます。

コーヒーの専門店で助言をもらいながら好みの銘柄を探してみましょう。

(4)コーヒーで腹痛になる人は工夫しよう

wc-1210963_1280
コーヒーを飲むとお腹が痛くなるから苦手、という人もいらっしゃいます。

日本人は比較的、刺激物であるカフェインに耐性があるらしいのですが、耐性がない人はカフェインによって過剰に分泌された胃液で胃の粘膜が荒れることによって腹痛の原因になります。

カフェインに弱い人はコーヒーを空腹時に飲まずに食後に飲む、カフェインレスのコーヒーを飲むなど工夫が必要です。

広告 広告