コーヒーが苦手な人がブラックで飲めるようになる、インスタントコーヒーを美味しくする飲み方 | 珈琲クチコミ情報

コーヒーが苦手な人がブラックで飲めるようになる、インスタントコーヒーを美味しくする飲み方 | 珈琲クチコミ情報


インスタントコーヒーに関するクチコミ情報

「高校生になるまでは、コーヒーが苦手でした。」(30代女性 専業主婦)
コーヒーを飲めるようになったのは高校生になってからです。それまでは苦くてまったく受け付けず、お茶といえば日本茶か紅茶がほとんどだったのですが、あるときふと飲んでみたくなったのです。

もちろん最初は砂糖もミルクも入れて、甘いコーヒーから始めたのですが、徐々に砂糖がなくなりミルクがなくなり、今ではむしろブラックでしか飲まなくなりました。

コーヒーが好きな理由は、甘いおやつのときに口の中をすっきりさせてくれるからです。15時のおやつにケーキやクッキーなどの洋菓子のおともにコーヒーを飲むと幸せな気持ちになります。

私は豆の違いや細かいことは全然わかりません。主婦の身であり、高いものは買えませんが、インスタントでも全然かまいません。

最初に水でインスタントを溶いてからお湯を注ぐと、本格コーヒーに近づくという情報を聞き、その方式でささやかな幸せを楽しんでいます。

水でインスタントコーヒーが美味しくなる?

インスタントコーヒーにお湯を入れる前に、まず水で粉を溶いてから入れると、インスタントコーヒーが美味しくなる、という今回の口コミ情報。

調べてみると、下記のTV番組が元ネタのようです。

・ためしてガッテン
わずか10秒で!粉コーヒーがひきたてのうまさに!

番組情報によると、インスタントコーヒーにはでんぷんが含まれており、いきなり熱湯をいれるとでんぷん質が溶けきらずに固形化してしまうそうです。

そこで、まず最初にインスタントコーヒーを水で溶くことによって、このでんぷんの固形化を防ぎ、粉が溶けきった段階で熱湯を注ぐ。

そうする事によって、コーヒー粉の塊ができず、インスタントコーヒーの苦味が緩和されるとの事です。

上記、TV情報によるものなのでMOMOYAとして確認はとれていませんが、ご興味がおありの方は一度試してみてはいかがでしょうか。

広告 広告