未経験者がカフェバイトで一発採用される志望動機を作る3つのコツ

未経験者がカフェバイトで一発採用される志望動機を作る3つのコツ


飲食店未経験の方はどんな要点に力を入れて履歴書を書かなくてはいけないのか分からないと思いますし、飲食店経験があったとしても、カフェというお客様との距離が比較的近い業種であることを意識してしまうと書きにくくなってしまうと思います。

そのため、どんな要点に留意すると、雇用主からの印象がいい志望動機を書けるのか、コツをまとめました。

カフェバイト未経験者の為の志望動機作成のコツ

1.人との関わりを持つことが好きという意識を持って書く

man-439040_640
カフェバイトも飲食店であり、接客業です。雇用主は、従業員同士の適度なコミュニケーションや、お客様への行き届いた対応を求めています。

そのため、人との関わりを持つことが好き、他人に興味を持ち、楽しい気持ちを共有できる人間を採用したいと思っています。

例として

「自分がいつも行くカフェで対応してくださる方がおり、その方の接客でいつも明るい気持ちにしていただいています。私もお客様が心地よく1日をおくれるように、そのお手伝いができる仕事をしたいと思いました。」

など、人との関わりをイメージさせる文をかけるといいと思います。

2.自分がカフェという空間が好きだという思いを持って書く

coffee-984328_640
カフェというのは、飲食物をいただき、そのまま足早にお店を後にしなければならないような、他の飲食店に比べて、ゆっくりと飲み物をあじわいながら、会話を楽しんでいただくために、ソファーなどのインテリア、内装に力を入れている場合が多いです。

内装などのセンスを問われるものは、チェーン店で、本社の人間が決めたものであっても、雇用主も、その本社のセンスと同じセンスの持ち主であり、自分の持ち物を褒められると嬉しいのと同じで、その内装自体を自分自身が気にいっていると、雇用主への印象は良くなる傾向があります。

ぜひ、面接の前にお店に伺い、そのお店の雰囲気をつかんでから、志望動機を書いてください。

3.コーヒーが好きで味の説明ができる、人の顔を覚えるのが得意などの、特技を織り込む

coffee-674576_1280
コーヒーの種類などに力を入れているカフェでは、お客様から、どのコーヒーがオススメか聞かれることが予想されます。そのため、コーヒーの味の違いを説明できるとプラスになります。

また、コーヒー、紅茶などの飲食物は嗜好品であり、カフェに立ち寄るというのは生活のルーティンになりやすいです。同じお客様が、同じ周期で、同じ時間に、同じメニューを求めておこしになることもあります。

そのため、お客様のお顔を覚えられることに長けていると、雇用主からの印象はよくなります。

広告 広告