部門別、日本一コーヒー好きが多い県は何県?

部門別、日本一コーヒー好きが多い県は何県?


突然ですが、日本一コーヒーが好きな県はどこだと思いますか?

人口が多く、チェーン店やカフェが密集してそうな東京都?

それとも、すなばコーヒーで有名な鳥取県?コメダ珈琲の本社がある愛知県?

今回は、総務省がおこなった2人以上の世帯を対象とした2013~2015年における「家計調査結果(総務省統計局)」をもとに、日本一コーヒーが好きな都道府県を調べてみました。

(※家計調査結果では県庁所在地および政令指定都市に順位付けしているところ、ここでは「都道府県(県庁所在地)」という表記に変えさせていただきます)

調べた項目は以下の4つです。

  • コーヒー(インスタントコーヒーやコーヒー豆)の平均消費量
  • コーヒーにかける平均金額
  • コーヒー飲料にかける平均金額
  • 喫茶代にお金をかける都道府県

これらベスト5までの結果をふまえて、日本一コーヒーが好きな都道府県を決定したいと思います。

まずはそれぞれの結果を見てみましょう。

コーヒーの平均消費量が多い都道府県ベスト5

1位 京都府(京都市)……3,499g
2位 広島県(広島市)……3,262g
3位 鳥取県(鳥取市)……3,178g
4位 滋賀県(大津市)……3,123g
5位 奈良県(奈良市)……2,992g

コーヒーにかける平均金額が多い都道府県ベスト5

1位 京都府(京都市)……7,812円
2位 奈良県(奈良市)……7,471円
3位 石川県(金沢市)……7,267円
4位 広島県(広島市)……7,121円
5位 岩手県(盛岡市)……6,976円

コーヒー飲料にかける平均金額が多い都道府県ベスト5

1位 富山県(富山市)……5,616円
2位 福井県(福井市)……5,500円
3位 青森県(青森市)……5,434円
4位 徳島県(徳島市)……5,376円
5位 栃木県(宇都宮市)……5,246円

喫茶代にお金をかける都道府県ベスト5

1位 愛知県(名古屋市)……14,301円
2位 岐阜県(岐阜市)……13,894円
3位 東京都(東京都区部)……8,879円
4位 神奈川県(川崎市)……8,503円
5位 兵庫県(神戸市)……8,059円

以上の結果から、意外にも日本一コーヒーを購入し消費しているコーヒー好きな都道府県は京都府ということになりました。

この結果以外にもコーヒーをよく飲んでいる都道府県が近畿や中部地方に集中しているのはおもしろいですね。

一方で、愛知県や岐阜県が喫茶にかける金額が多いのに家庭でのコーヒーの消費量や購入金額の上位に入らなかったのは、コーヒーよりも有名なモーニングなどの独自の喫茶文化があるからではないかといわれています。

ちなみに全国で喫茶店が多い都道府県は高知県、次いで愛知県、岐阜県の順になっています。

しかし喫茶店が多いにもかかわらず、喫茶にかけるお金は6,135円で全国13位という微妙な結果になっています。

あなたの住む都道府県はどうでしたか?詳しい調査結果はや最新の情報は総務省統計局のホームページに載っていますのでぜひ見てみてください。

広告 広告