カフェ店長がバイトを採用する際に面接で見ている4つのポイント

カフェ店長がバイトを採用する際に面接で見ている4つのポイント


カフェバイトの求人を見つけ、面接までこぎつけたあと、気になるのは面接の最中での、店長からのチェックポイントですよね。

最近では見た目に寛容な店舗も増えていて、面接の段階ではどうすればいいのか悩んでしまいがちです。

そんな面接の最中、店長はどんなところを見ているのかまとめました。

1.身だしなみは清潔で派手すぎないか

fashion-1338999_640
おしゃれなカフェも飲食店です。飲食物を取り扱う上で、清潔感は常に求められていますので、ピアス、頭髪自由と書かれていても、節度あるおしゃれが求められています。

詳しいお店の方針など、面接の段階では不透明ですので、男女とも華美な服装、お化粧は控えめにし、髪も顔にかからないようにまとめておくと、無難でしょう。

爪のお手入れも怠りがちで、面接の直前に気がついてしまうことが起こりがちですので、注意が必要です。

2.不愛想でない自然な笑顔ができるか。

man-1209137_640
お客様におくつろぎいただくことに重点をおくカフェでは、店員が無愛想であったら、お客様のお気持ちを害することにつながるため、店員の表情に気を配っています。

おくつろぎいただくカフェにおいては、ホスピタリティさえも、商品となります。

そのため、お客様にホッとしていただけるような笑顔で、愛想、愛嬌よく、店長と話しながら面接をこなせると、店長からの評価が高くなります。

3.自分に自信があるか

thumb-489549_640
たくさんのお客様へ接客するカフェですが、常に誰かにみられているのと同じことです。

そんな状況で、お客様へ最高のパフォーマンスをもって接客をするためには、人からの視線に耐えうる性格でなければなりません。

そのため、必ず必要とされるわけではありませんが、店長は自分に自信をもっている人の方を採用したがります。

面接の最中に、鼻や、口元を隠すような動作をとるのは、自信がないと思われてしまう可能性があります。

手は膝の上から動かさない方が賢明です。

4.お店のことをどれだけ調べてくれているか

woman-828888_640
ご自身が以前から通っているカフェでしたら、お店の雰囲気や、お客様の年齢層、またお買い物で立ち寄られるのお客様が多いのか、はたまた通勤で立ち寄られるお客様が多いのかわかると思いますが、求人欄を見ただけで応募している場合は見当もつかないと思います。

しかし、例えばお店周辺の地図を見て、近くに劇場があれば、観劇された方がいらっしゃるのは予想がつきます。また、オフィス街でしたら通勤で立ち寄られるのも明白です。

また、お店の雰囲気に関しては、お店のホームページがある場合、そのホームページを見ればつかむことができますし、SNSで店名で検索をかければ、お客様が発信した情報を見ることもできます。

この知り得た情報を、直接的に面接で披露することができる場合もありますし、面接の際に話がはずむきっかけになることもおります。

そして、そのお店について知ろうとする姿勢を見せることで、店長からの好感を上げ、採用につながるのです。

広告 広告