カフェバイトとの掛け持ちにおすすめのアルバイト3選

カフェバイトとの掛け持ちにおすすめのアルバイト3選


もっとシフトを入れてもらいたくても、カフェ側が求めているシフトとかみ合わず、働く時間があるのに働けない。

「この時間を有効に使いたい。」と思っている方にオススメの、カフェバイトとの掛け持ちにぴったりのバイトをご紹介します。

カフェバイトと掛け持ちできるバイト

1.コンビニバイト

store-388254_640
コンビニバイトは、実際に掛け持ちバイトとして選ぶ人も多いです。

コンビニのシフト構成は、その店舗ごとによって様々で、朝の5時から8時までの間だけ働かせてくれるところもありますし、きっちり3交代の固定シフトのところと、非常に多様です。

そう聞くと、自分の入れるシフトが空いているところを、いちいち求人ページをくまなく見ながら探すとなると、応募するのが大変なのでは?と、思われると思います。

しかし、店舗数が多いため、自分の働きたい地区の中で、働ける店舗を探しやすく、業務内容も理解しやすいものばかりです。

加えて、コンビニ側が掛け持ちバイトに寛容であることが多く、大変おすすめです。

2.飲食店バイト

waiter-492872_640
カフェも飲食店であり、飲食店の基本的な仕事内容は同じです。

そのため、掛け持ちバイトに飲食店を選ぶことにより、カフェで覚えた仕事内容を生かすことができ、カフェバイトをしながら、掛け持ちバイト先の新たな業務を覚えるという辛い作業が縮小され、大きな負担の軽減になります。

飲食店ならではともいうべき特権である、まかないが出るお店ならば、日々の食費を浮かすことができ、給料以外の金銭的な余裕が生まれます。

また朝の10時頃から開店している飲食店では、ランチタイム、ディナータイムでシフトが分かれていることが多いため、ランチタイムのシフトを埋めてくれる子が欲しい、ディナータイムのシフトを埋めてくれる子が欲しいなど店舗により違いがあり、必ずしも通しで働く必要がないため、カフェバイトの前後で働くのにもうってつけだというのも、オススメする理由です。

3.事務系バイト

blogging-336375_640
テレオペなどの事務系バイトでは、24時間の電話対応に対処するべく、幅広い時間帯で求人をかけています。

そのため、自分の働きたい時間に働けるところを探しやすいです。

また、座って作業できるというのは、日々のカフェバイトで疲れた足腰にはとても魅力的です。

カフェの業務内容とは大きく異なるため、仕事内容を一から覚えなくてはいけませんが、事務処理への対応マニュアルなどがきちんと準備されているため、そのマニュアルにそった仕事ができれば難しい業務ではなく、マニュアル自体、比較的覚えやすく書かれています。

広告 広告