コーヒー好きな人が苦味を感じる味覚のメカニズムとは

コーヒー好きな人が苦味を感じる味覚のメカニズムとは


コーヒーの苦味や酸味が好きな人はたくさんいらっしゃると思います。それが好きで、コーヒーは常にブラックだという人もいることでしょう。

しかし苦味って、本来味覚にとって危険なものに分類されることは知っていましたか?

そんな苦味を感じるメカニズムを調べてみました。

苦味は危険のシグナルだった

stop-1077973_640
食べ物を食べて危険かどうか察知するのが味覚です。

舌や軟口蓋にある味蕾が味を感じ取り、ニューロンを通して味を認識します。

「甘味」「うま味」「塩味」「苦味」「酸味」と5つの味覚があり、これらは基本5味と呼ばれています。

「甘味」は糖、「うま味」はタンパク質、「塩味」はミネラルと人体に不可欠な栄養素を知らせるシグナルです。

「酸味」は有機物への反応のほかに腐敗のシグナル、「苦味」は毒物が苦味を持っていることが多いので有害物へのシグナルです。

酸味や苦味を不快な味と避けてしまうのは本能的なものだったのです。

親の食生活も影響する

では苦味や酸味のあるコーヒーはなぜ好まれて飲まれているのでしょうか。

人は長年の食経験でコーヒーなどの苦い食品を楽しんできました。

親が食べているもの、周りの大人が飲んでいるものを見て子どもはそれらを安全なものと認識します。

子どももそれらの食品に手を伸ばすようになり、こういった知識、情報、食経験が嗜好を形成します。

大人になるにつれて苦い食品でもおいしいと感じるようになります。コーヒーもその1つです。

苦味=毒ではない?

苦みは危険のシグナルだと紹介しましたが、苦味のあるコーヒーに危険はないのでしょうか。

コーヒーのカフェインは苦味物質であるアルカロイド類に含まれています。

適度に摂取すれば集中力をアップさせたり、神経を興奮させて眠気防止などに作用します。

しかし過剰に摂取をすると胸焼けや頭痛、手の震え、動悸、幻覚や幻聴など、人体に有害になるので注意が必要です。

人間が1日に摂取していいカフェインは400mgといわれ、マグカップ3杯分が目安のようです。

ストレス解消にコーヒー

a-cup-of-coffee-399478_640
ストレスを感じたとき、疲れを感じたときにコーヒーで一息つくという人も多いんじゃないでしょうか。

ブラックコーヒー片手に仕事をしている人もいますよね。

実は苦味成分にはデトックス作用や抗酸化作用があります。

また、人はストレスを感じると苦みを感じにくくなる仕組みがあり、苦いコーヒーでもおいしいと感じるのだそうです。

最近苦いコーヒーが好きだという人は、仕事やプライベートでストレスを感じているからかもしれません。

広告 広告