ノンカフェインコーヒーを妊娠中や出産後の女性にプレゼントすると喜ばれる理由

ノンカフェインコーヒーを妊娠中や出産後の女性にプレゼントすると喜ばれる理由


ノンカフェインコーヒーとはデカフェとも呼ばれ、カフェインを極限まで除去したもの、あるいはもともと含まれていないものを指します。

コーヒーに含まれるカフェインは妊娠中や産後の女性、お腹の赤ちゃんに悪い影響を与えるといわれているため、妊娠中や産後の女性へのプレゼントにぴったりです。

ではカフェインに与える影響とは一体どんなものでしょう。

プレゼントにぴったりなオススメのノンカフェインコーヒーとともにお伝えします。

カフェインを摂取すると体に起きる影響とは?

coffee-828885_640
妊娠していてもしていなくてもカフェインを摂取すると以下のような作用があらわれます。

  1. 血管拡張作用
  2. 血液循環量の増加
  3. 利尿作用
  4. 眠気がなくなる
  5. 頭がすっきりする
  6. 脂肪の燃焼効果を高める
  7. 胃酸の分泌を促進する

この他にはカルシウムが尿に溶けだしてしまったり、カフェインが効きすぎてしまうという人は眠れない寝つきが悪いなど睡眠の質が低下したり、胃酸の過剰分泌によって胃が荒れてしまうことがあります。

カフェインが妊娠中や出産後の女性、赤ちゃんに与える影響とは?

baby-499976_640
妊娠中や産後の女性がカフェイン摂取すると、胎盤を通してお腹の赤ちゃんに伝わってしまいます。

お腹の赤ちゃんは生まれてくるまで、消化器官などすべての臓器が未発達なためカフェインを分解することができずにそのまま脳に蓄積されてしまいます。

妊娠中の女性がカフェインを摂りすぎると赤ちゃんの発育が悪くなる可能性が高くなるといわれたり、

授乳中の女性の場合は母乳にカフェインが含まれているので、飲んだ赤ちゃんのかんしゃくや夜泣きがひどくなるなどいわれていますが、赤ちゃんに関するカフェインの影響はまだはっきりと断定されていません。

しかし、脳に蓄積されるとわかった以上、なんらかの影響があるといってもいいでしょう。

日本では妊娠中や授乳中の女性に対してカフェインの摂取量の決まりはありませんが、欧米ではカップ4杯までであれば問題ないとしています。

またカフェイン以外では、お茶やコーヒーに含まれるタンニンが鉄分の吸収を阻害することにより貧血になる場合もあるので、食後すぐのコーヒーは控えたほうがいいとされています。

妊娠中や産後の女性にオススメのカフェインレスコーヒー

coffee-830422_640
カフェインレスコーヒーには、本格的なドリップタイプのものから気軽に楽しめるインスタントタイプなど様々な種類があります。

インスタントタイプの中にはカフェ・オレやミルクティーがあるなど、その種類はコーヒーに限りません。

また、コーヒーに近い味わいのノンカフェインコーヒーとして、タンポポコーヒーやチコリーコーヒーがあります。


ハーブコーヒー|ギフトセット

こちらはコーヒー豆から作られたものではないのでカフェインがまったく入っておらず、厳密にいうとハーブティーとしての分類になります。

なかでもタンポポコーヒーは、からだの冷えや便秘といった女性ならではの悩みを改善してくれたり、母乳が出やすくなる効果もあるといわれているので妊娠中や産後の女性にぴったりです。

いずれもマタニティ用品やベビー用品を取り扱っているお店に並んでいるので、手に入りやすいです。

身近に妊娠中や産後の女性がいるのなら、ぜひプレゼントしてみると喜ばれるでしょう。

広告 広告