コーヒーが好きなのに、飲むと気持ち悪くなる人に共通する事

コーヒーが好きなのに、飲むと気持ち悪くなる人に共通する事


仕事の合間や家事の合間にコーヒーを飲んでほっと一息つく人はたくさんいらっしゃると思います。しかしコーヒーが大好きなのに、飲むと体調が悪くなってほっと一息どころじゃなくなる、なんて人も。

なぜコーヒーを飲むと気持ち悪くなって体調を崩してしまうのでしょうか。

カフェインの過剰摂取が原因

coffee-674576_1280
よくブレイクタイムに飲まれるコーヒーに入っているカフェインは実は刺激物だということはご存じですか?

このカフェインは胃液の分泌を促す効果があります。

カフェインを摂取しすぎると胃酸や胃液が過剰に分泌され胃が荒れたり吐き気の原因になるのです。

また、カフェインは交感神経を刺激し、興奮状態にする作用があります。

カフェインの過剰摂取は自律神経に大きな負担をかけることになり、交感神経が乱れて体内器官がうまく働かなくなることで吐き気を引き起こすことがあります。

コーヒーアレルギーが原因

doctor-1228627_1280
コーヒーにもアレルギーがあるのはご存じですか?

アレルギーだから好き嫌いは関係ないので、コーヒー好きにはとてもつらいと思います。

具体的な症状は、頭痛や下痢、手の震え、体調の悪化、じんましんなどです。

コーヒーを飲み過ぎると気分が悪くなることがありますが、アレルギーの人はコーヒー1杯でも症状が出てきます。

アレルギーには即時型アレルギーと遅発型アレルギーに分けられます。

コーヒーアレルギーは後者の遅発型アレルギーでコーヒーを飲んでしばらくたってから症状が出てきます。

すぐに急激な症状が出るわけではないのでコーヒーアレルギーだとは気づきにくいことが多いそうです。

カフェイン中毒が原因

aroma-217066_1280
コーヒーアレルギーの症状に似た、カフェイン中毒というものもあります。

コーヒーが好きで1日に何杯も飲んでいたら、ある日急に体調が悪くなりだした、という人はカフェイン中毒が考えられます。

主な症状は吐き気や不眠、神経過敏などの症状が現れます。

これは軽度の場合で、重度になるとさらに幻覚や幻聴などいろいろな症状が出てきます。

カフェインはコーヒーだけでなく紅茶やお茶に含まれているのでコーヒー以外の飲み物でも吐き気や体調不良が起こるのなら、カフェイン中毒の可能性があります。

酸化したコーヒーを飲んでいる

crate-895939_1280
店で飲むコーヒーは平気なのに、家で飲むコーヒーは気持ち悪くなるというならコーヒー豆の酸化が原因かもしれません。

賞味期限切れのインスタントコーヒーや、蓋を閉め忘れ、酸化してしまったコーヒー豆を使用したコーヒーを飲むと吐き気を覚えることがあります。

コーヒーの賞味期限の確認や保管方法はしっかりとしましょう。

広告 広告