コーヒーが嫌いな営業担当が、取引先で出されたコーヒーを上手に断る方法

コーヒーが嫌いな営業担当が、取引先で出されたコーヒーを上手に断る方法


集中力を高めるために仕事をしながらコーヒーを飲む方も多いですよね。しかし、中には当然コーヒーが嫌いな人もいます。

コーヒーを飲む、飲まないのは個人の自由ですが、もし取引先でコーヒーを出されたら困りますよね。せっかく出してくれたのに断るのは気が引ける、しかし飲むこともできない・・・。

そんなあなたに出されたコーヒーの上手な断り方をお教えします。

素直に飲めないと言って断る

sorry-1186962_1280
上手な断り方を期待していた人は肩すかしを食らったかもしれませんね。

しかしコーヒーが飲めないことを素直に言っても気分を害する人はほとんどいませんし、取引先で飲め飲めとコーヒーを強引にすすめてくる人もまずいません。

コーヒーを飲みに来ているわけではなく仕事をしに来ているのですから、コーヒーが飲めないことなどこちらが思っているほど相手は気にしていないのです。

具合が悪くなる体質の人の断り方

素直に「コーヒーを飲むと具合が悪くなってしまう」「カフェインをとると頭痛がするので」など、簡単に飲めない理由を説明して、「申し訳ありません」と断りましょう。

体質的なものなら相手も無理にすすめてきません。

相手に悪いからと無理してコーヒーを飲んで具合が悪くなれば、相手に悪いどころか迷惑をかけることになります。

また、断るときはコーヒーアレルギーだから、というよりもどういう症状が出るかを説明した方が相手に伝わりやすいです。

味が苦手な人の断り方

砂糖を入れてもミルクを入れても飲めない。

しかし不味そうに飲むのも相手に失礼。

そんな人は自虐的に「子ども舌なんですよ」と言って断る方法があります。

間違っても「まずいので飲めません」など言わないようにしましょう。

素直に言った方がいいとは書きましたが、この言い方はコーヒーを入れてくれた相手に失礼です。

さらに取引相手がコーヒーを飲む人だったり、コーヒーが大好きな人だった場合、気分を害してしまう可能性があります。

飲むふりをして誤魔化す

business-839788_1280
断る方法というよりこれはごまかす方法ですが、商談後に一口飲むふりをして口をつけ、「それでは失礼します」で、終わります。

相手はいちいちどれくらい飲んだかなんてチェックはしませんから、どうしても断りづらいならこの方法を試してみてはどうでしょう。

しかし取引先と長いつきあいになるのなら、ごまかさずに最初に素直に言った方が気は楽です。

広告 広告