カフェバイトを辞めたい人が、次のバイト先として選んではいけない職業3選

カフェバイトを辞めたい人が、次のバイト先として選んではいけない職業3選


辞める理由は様々ですが、カフェバイトを辞ると決めた以上、新しいバイトを探さなくてはいけません。

そんな新しいバイトを探す際に、カフェバイトをなぜ辞めるのか振り返ることで、自分が続けられるバイトを見つけられます。

今回は辞めた理由別で、選んではいけない職業を紹介します。

1.せわしなく動くことに疲れた人は、飲食店は選ばない

waiter-492872_640
バタバタと動き回る仕事内容に疲れてカフェバイトを辞めたい人は、飲食店は避けましょう。

基本的にカフェバイトに限らず、居酒屋など夜営業するところでも、ファミレスなど24時間営業のところでも、ほとんどすべての飲食店は、勤務中にピークと呼ばれる繁忙時間があります。

また、深夜帯の飲食店では暇なイメージがあり応募しようとする人がいます。事実、平均して売り上げは昼間に比べて落ち込みますが、売り上げが落ち込むためバイトの人数を減らして営業していますし、バイトの人数が少ないなか、お客様がたくさんいらっしゃる時があり、そういったときに出勤していると、昼間と比べ物にならないほど、忙しくなります。

そのため、忙しく動き回るのが辛くてカフェを辞めた人は、飲食店のバイトは不向きです。

2.店員同士の礫圧で辞めた人、接客することが負担だった人はアパレルは選ばない

shopping-mall-1316787_640
カフェバイトを店員同士の不仲で辞めた人にはアパレルバイトは合いません。

アパレル業界では独立した個性を持ちながら、調和をとれることを必要とされます。

また、アパレルの販売ですと、カフェバイトよりも、さらに密着した接客を必要とされるため、接客に負担を感じてしまうことでしょう。

そのため、カフェバイトで、店員間の人間関係をうまく構築できなかった人や、接客が負担に感じてカフェバイトを辞めた人にアパレルバイトは不向きです。

3.コーヒーのドリップ紙や、砂糖などの細かいものの補充をこなすのが嫌で辞めた人は小売業は選ばない

shopping-1165437_640
カフェバイトでは、お客様ご自身で使用される砂糖などの補充や、コーヒー豆などのキッチンで使うものの納品がありますが、その作業が嫌で辞めた人は小売業は選ばない方がいいです。

なぜなら、小売業では何時までに商品の補充をしなければならないという縛りの中で作業をし、作業をしながらお客様への接客をこなします。

また、商品棚を見ながら発注をしなくてはならないため、見た目より仕事中に気を使う場面が多いです。

そのため、細かい物の補充が嫌でカフェバイトを辞めた人には、コンビニなどの小売業は不向きです。

広告 広告